【フュージョンEXプラス 効果口コミレビュー】成分表記分析~効果期待値を算出

フュージョンEXプラス 効果口コミレビュー

有名AV男優を商品キャラクターに起用しているフュージョンEXの進化版フュージョンEXプラス。

公式ページのキャッチコピーは「シトルリン200%増量!! マカやサソリ、冬虫夏草など天然成分200種類以上を独自配合!!」とあります。

 

下は20代から上は60代まで、ユーザーの顔写真付きコメントを見ているといかにも効きそうな気がしてきますね。

 

そんなフュージョンEXプラスですが、果たしてその実力はどれほどのものなのか?

 

「これを飲めばあなたもAV男優のようになれる?」かどうか、パッケージの成分表記に隠された情報を紐解き、その効果期待値を算出してみたいと思います。

 

フュージョンEXとEXプラスの違い

 

公式ホームページの動画では商品キャラクターのAV男優S氏をメインに、4人の現役AV男優が「フュージョンEXプラスやその他の栄養素による勃起力への効果」について語り合っています。

 

各々が

フュージョンEXプラスを飲み始めてから「持続時間が違う」とか「コトが終わってもまだビンビン」などと言いつつ、S氏が「フュージョンEXからEXプラスに進化したポイント」として、シトルリンを2倍に増量、強壮成分200種類、バイオペリンで吸収力アップ、のセールスポイントを挙げ、最後に全員で「男の悩みはこれで解決!」

と締めくくっています。

 

フュージョンEXプラスと比較されている従来製品「フュージョンEX」配合成分は以下の通りです。

 

L-シトルリン、マカ、クラチャイダム、ソフォン、黒胡椒抽出物、カンカ、ムクナ、サソリ、ウミヘビ、ガラナエキス、トナカイ、コブラ、亜鉛酵母、ロディオラ、海馬、豚睾丸エキス末

 

また、添加物として以下の成分が使用されています。

 

貝カルシウム、結晶セルロース、ゼラチン、L-アルギニン、カフェイン、ステアリン酸カルシウム、二酸化チタン、ビタミン類のC、E、ナイアシン、パントテン酸、B1、B6、B2、A、葉酸、D、B12

 

ちなみに、添加物のL-アルギニン、カフェイン、ビタミン類は強化剤として、ほかの添加物はカプセル材や賦形剤として添加されています。

 

一方、進化版の「フュージョンEXプラス」は、従来のEXからソフォン、ロディオラ、海馬がなくなり、新たにアカガウクルア、デキストリン、エゾウコギ、アメリカ人参、セレン、韮種、紅景天、赤マムシ、冬虫夏草、植物発酵エキス、ジンジャー、フィッシュコラーゲン、蟻、スッポン、タツノオトシゴが追加されています。

 

ただし、ソフォンとアカガウクルア、海馬とタツノオトシゴは同じものですから、このふたつはEXプラスになって表記が変わっただけということになります。

(※添加物はEXと同じ内容に清涼剤としてクエン酸が追加されています)

 

さて、ここでいくつかの疑問がわきます。

 

 

まずひとつ目の疑問は、L-シトルリンが2倍に増量されたということ。

 

従来製品EXとEXプラスはカプセルの大きさも30個という内容量も変わらないのに、L-シトルリンが2倍ということは、あきらかに他の成分の量が減った、ということにほかなりません。

 

しかも、⇒【公式サイト】によれば「天然成分200種類以上を独自配合」とありますので、成分1種類当たりの配合量はかなり少なくなっているはずです。

 

ふたつ目の疑問は、新規成分のなかに「デキストリン」が追加されていること。

 

これは一体何を意味するのでしょう?

各成分の特長を解説しながら明らかにして参ります。

 

増大系サプリに欠かせない主成分「L-シトルリン」

シトルリン

 

勃起現象は脳が性的な刺激によって興奮し、勃起信号を発信することからスタートします。

 

興奮した脳から発せられた勃起信号がペニスに到達すると、ペニスの海綿体にある神経から一酸化窒素が放出されます。

 

一酸化窒素は神経伝達物質を活性化して、海綿体にある無数の毛細血管の筋肉をゆるめます。

筋肉をゆるめることで血管の内径は広がり、大量の血流が流れ込みます。

 

こうしてペニスに集中した動脈血の圧力によって、静脈血管が圧迫されて血液が戻りにくくなり、勃起は完成します。

 

勃起に不可欠な一酸化窒素を作り出すのはアミノ酸の1種であるアルギニンの仕事ですが、アルギニンは一酸化窒素をつくるだけでなく、肝臓での解毒作用や、細胞の増殖に欠かせない物質をつくりだす重要な仕事がほかにもあるため、すぐに分解されてしまいます。

 

また、アルギニンはたんぱく質に含まれているので、肉や魚などから摂ることができますが、食事由来のアルギニンはからだを作るたんぱく質の再合成に使用されてしまいます。

こうして、アルギニンはいろいろな役割に使用されて、体内量が少なくなりがちなのです。

 

そこで活躍するのが、体内でアルギニンに変身するシトルリンです。

絡み合う2つの矢印

 

遊離脂肪酸であるシトルリンはたんぱく質の合成に使用されることはなく、食事由来のシトルリンは肝臓で分解や代謝を受けないため、ほとんどがアルギニンへと変換されます。

 

つまりシトルリンの摂取は、アルギニンそのものを摂取するよりもはるかに効率よくアルギニンの体内量を増やすことができるのです。これが増大系サプリでシトルリンが主成分とされる理由なのです。

 

旧製品のフュージョンEXも、EXプラスも内容量は344mgのカプセル30粒入りと変わりありません。

 

EXプラスは同じカプセルで主成分のシトルリンを2倍に増やしたのですから、他の成分の配合量は減らさなければなりません。

 

しかも、旧製品に比べて配合成分の種類を大幅に追加したフュージョンEXプラスでは、他の成分の配合量は非常に少なくなっていると考えられます。

 

吸収力をアップするバイオペリンとは?

バイオペリン

 

医薬品などの薬物は体内に入るとまず肝臓で分解(代謝)を受けます。

そのあと代謝されずに残った薬剤が血流に乗って体の隅々まで運ばれていくのですが、この、薬物や毒物を分解する解毒酵素をシトクロムP450(CYP450)といいます。

 

ピリッと辛い黒胡椒の辛み成分はピペリンという化合物で、薬物代謝酵素CYP450の働きを弱める作用があります。

 

そのため、ピペリンと薬物を同時に摂ると、薬物が分解されにくくなり、医薬品の効果が高まります。

しかし、その半面、副作用も起こりやすくなるのです。

 

CYP450によって代謝を受けた後の薬物の利用率を生体利用率(バイオアベイラビリティ)といいますが、ピペリンはウコンの薬理成分であるクルクミンの生体利用率を2000%(20倍)まで引き上げた、という報告があります。

 

フュージョンEXプラスに配合されているバイオペリンとは、ピペリンの含有率を95%以上まで高めた黒胡椒抽出物のことで、ほかの増大系サプリや一般の健康食品にも配合されています。

 

旧製品のフュージョンEXにも黒胡椒抽出物の成分表記がありますので、バイオペリンは旧製品のころから配合されていたと思われます。

 

ここで注目したいのが、旧フュージョンEXとEXプラスでは「成分表記の順番が異なる」です。

 

旧EXでは、L-シトルリン、マカ、クラチャイダム、ソフォン、黒胡椒抽出物と5番目に記載がありますが、EXプラスではL-シトルリン、クラチャイダムに続いてバイオペリンの表記は3番目に上がっています。

 

バイオペリンの特許を持つインドのサビンサ社では、バイオペリンの1回に使用する推奨目安量を5mgとしています。

 

 

一方、食品表示法で定める食品の表示基準では「加工食品に含まれる量の多い順に原材料名を表記すること」とされています。

 

これが意味する事は、バイオペリンより後に記載のある原材料はすべて5mg以下である可能性が極めて高い、ということになります。

 

つまり、旧フュージョンEXでは少なくともシトルリン、マカ、クラチャイダム、ソフォンは5mgよりも多く配合されていたはずですが、「EXプラスになって5mgを超える配合量の成分はシトルリンとクラチャイダムだけになってしまった」といえるのです。

 

シトルリンに次ぐ配合量のクラチャイダムとは?

クラチャイダム

 

食品表示法の基準に照らし合わせると、フュージョンEXプラスでバイオペリンよりも配合量が多いのは、シトルリンとクラチャイダムのみです。

 

クラチャイダムとはタイ原産のショウガ科の植物で、直訳すると「黒いショウガ」となります。

 

日本での別名には「黒ウコン」という呼称もあり、岐阜大学で国産化するための栽培技術が研究されています。

 

原産地のタイでは1000年以上の昔から、滋養強壮や精力アップ、勃起力の改善などに用いられてきましたが、近年では老化を引き起こす「糖化反応」の抑制や、抗肥満作用などの機能性があるとして、広く研究対象とされています。

 

20~59歳までの健康な男性31人を対象に、マカとクラチャイダムを含むサプリメントを1日に1,350mg、12週間摂取するグループと摂取しないグループに分けて行った臨床試験では、摂取したグループはセックスの回数、セックスの満足度、性欲、朝勃ちの頻度など15項目で改善がみられた、としています。

 

しかし、この試験では1カプセル450mgの試験食品を1日に3粒摂取していますので、それ以下の摂取量で同様の効果が得られるかどうかはわかりません。

 

関連参考記事
⇒クラチャイダムの効果まとめ

 

謎の配合成分デキストリン

フュージョンEXプラスにはシトルリン、クラチャイダム、バイオペリン、マカ、アカガウクルア、ムクナに続いて7番目に「デキストリン」の表記があります。

 

旧製品にはなかった新たな成分ですが、なぜ追加されたのか?その働きはどのようなものでしょうか?

 

デキストリンとは、ひと言でいうと「でんぷん」です。

でんぷんを酵素や酸などで分解し、元のでんぷんよりも分子量を小さくしたものをデキストリンといいます。

 

でんぷんはジャガイモやトウモロコシを原料としており、ブドウ糖が鎖状に長く連なった分子構造をしています。

 

このでんぷんの鎖を短く切断したものがデキストリンであり、でんぷんもデキストリンもブドウ糖の集合体です。

 

デキストリンは、加工食品にとろみや粘り気を出すための増粘剤として、あるいは液体を粉末にする際などに使用されます。

 

添加物として使用されるわけですが、原材料の表記上は添加物ではなく食品として扱われます。

サプリメントの素材としてはなんの健康効果もなく、逆にとりすぎれば肥満や高血糖の原因となります。

メタボ男性

 

フュージョンEXプラスに対する使用目的は、おそらく新たに追加されたエゾウコギエキス末や植物発酵エキス末など、エキスを粉末状に加工する際に使用されたものと推測されます。

 

つまり、「配合成分を増やしたがために、サプリとしては必要のないデキストリンまで追加せざるを得なかった」というのが追加された理由と推察されます。

 

ちなみに似たような名前の化合物に「難消化性デキストリン」というものがありますが、こちらは文字通り人の体内では「消化されないデキストリン」のことで、食物繊維に分類されます。

 

中性脂肪や血糖値の上昇を抑える、内臓脂肪の減少、便秘などに効果があるとして、特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品に使用されますが、デキストリンとはまったくの別物です。

 

フュージョンEXプラスの期待値は?

フュージョンEXプラス効果期待値

 

従来品の2倍になったというL-シトルリンとクラチャイダムのパフォーマンスは、文献やその他の試験をみても実証済みで、バイオペリンの吸収力アップにも納得がいきます。

 

しかし、原材料表記のバイオペリンより後に記載されている成分はすべて5mg以下と推測されます。

フュージョンEXプラスに配合されている成分のほとんどが、天然物の粉末かもしくはエキスを粉末にしたものです。

 

医薬品や一部のビタミンのように単独の化合物であれば、数mgで効果を現す成分も少なくありませんが、天然物の粉末ではそうはいきません。不純物やその他の成分も含まれるため、臨床試験などでは数百mgから1000mg=1グラムを超える摂取量とするのが普通です。

 

この点からフュージョンEXプラスに期待できるのはシトルリンとクラチャイダムくらいで、あとの成分は毒にも薬にもならないレベルといっていいでしょう。

 

やはり344mgのカプセル1粒ではほかの増大系サプリには太刀打ちできない印象が否めません。

従いまして、フュージョンEXプラスの効果期待値は5段階評価の2程度にとどめておきます。

 

フュージョンEXプラスの口コミ

フュージョンEXプラスの口コミ

 

フュージョンEXプラスの口コミで検索をかけると、かなり多くの口コミサイトがヒットします。

果たして、フュージョンEXプラスは巷ではどんな評価がされているのか?Amazonと楽天の評価/レビューを見てみましょう。

 

Amazonの評価は全部で62、うち星5つが40%、星1つは23%をそれぞれ占めています。

また、星4つが12%で、肯定的な評価が全体の62%と非常に高評価です。

 

しかし、最近のAmazonレビューはサクラ業者によるものが非常に多く、大きな問題となっているため額面通りに信用することはできません。

 

かつてのサクラが書くレビューは怪しげな日本語だったり、誤字脱字が多いという特徴がありました。

 

しかし、最近では「サクラレビュワー」なる仕事があるほどで、レビュー専門のライターとして荒稼ぎしている人たちも少なくありません。

こうしたサクラレビュワーたちは、商品を販売しているセラーから無償で商品の提供を受け、Amazonに高評価レビューを掲載することで報酬を得るほか、提供された商品をメルカリやヤフオクで売ってさらに荒稼ぎしている人たちです。

 

こうしたサクラ行為でAmazonからアカウントを封鎖されることが頻繁にあるため、サクラレビュワーたちは複数のアマゾンアカウントを持ち、活動しています。

 

こうした悪質なサクラたちのレビューを見抜くには星評価の分布をみることだと言われています。

 

Amazonのような5段階評の場合、統計学的にみると普通は3が最も多く、5と1は少なくなるはずです。

こうなっていない分布曲線の場合、なんらかの意図が統計に介入しているとみていいでしょう。

 

さて、それでは楽天での評価はどうでしょうか?

こちらは星5つが1件、4つが6件、3つが2件、1つが1件という分布です。

 

レビューの内容は、「期待してます」「現状変わらず」「まだ届いていないが楽しみ」といったものが大半で、肯定的な「わたしにはマッチした気がします」というものが1件と「感度が減る、萎える」という否定的なものが1件でした。

 

どちらかというと、楽天のレビューのほうが本当のユーザーの声を反映しているようです。

 

このほかにもネット上には非常に多くの口コミサイトがありますが、すべて報酬目的のアフィリエイトで、信用するに足るものはありません。

 

タイトルだけみると「プロが辛口でレビュー」などというサイトもありますが、中身は販売目的そのもので、しかも複数注文に誘導しようとする内容です。

 

結論からいうと、フュージョンEXプラスの中立的なレビューや評価をネット上に求めるのは困難、と言わざるを得ないでしょう。

 

フュージョンEXプラス まとめ~200種類の根拠はどこに?

さて、改めてフュージョンEXプラスのパッケージに記載されている原材料表示を見てみましょう。

 

1)L-シトルリン、2)クラチャイダム、3)バイオペリン、4)マカ粉末、5)アカガウクルア粉末、6)ムクナ粉末、7)デキストリン、8)エゾウコギエキス末、9)アメリカ人参粉末、10)セレン含有酵母、11)韮種粉末、12)ウミヘビ粉末、13)カンカエキス、14)サソリ末、15)ガラナ末、16)トナカイ末、17)コブラ末、18)亜鉛含有酵母、19)紅景天エキスパウダー、20)豚睾丸エキス、21)赤マムシ粉末、22)冬虫夏草菌糸体末、23)植物発酵エキス末(りんご・大豆・キウイフルーツ・バナナ・もも・オレンジ・ごま・カシューナッツ・やまいもを含む)、24)ジンジャーエキス末、25)フィッシュコラーゲン、26)蟻粉末、27)スッポンエキス末、28)マカエキス末29)タツノオトシゴエキス末、<以下添加物>39)貝殻未焼成カルシウム、31)結晶セルロース、32)ゼラチン、33)L-アルギニン、34)カフェイン、35)ステアリン酸カルシウム、36)二酸化チタン、37)クエン酸、38)ビタミンC、39)抽出ビタミンE、40)ナイアシン、パントテン酸カルシウム、41)ビタミンB1、42)ビタミンB6、43)ビタミンB2、44)ビタミンA、45)葉酸、46)ビタミンD、47)ビタミンB12

 

ご覧のとおり原材料名として確認できるのは、添加物まで含めても全部で47種類です。

植物発酵エキス末のカッコ内にあるりんご・大豆など9種類を個別に数えても全部で56種類にしかなりません。

 

フュージョンEXプラスの⇒【公式サイト】では以下のように表現されています。

 

「マカやサソリ、冬虫夏草など天然成分200種類以上を独自配合!!」

 

これがフュージョンEXプラスの最大の疑問です。しかし、この疑問だけはパッケージをどう見ても解明することができませんでした。

 

ひとつだけヒントがあるとすれば植物発酵エキスのカッコ書きにある内訳です。

最後に「…やまいもを含む」とありますので、その他の植物も含んでいるのかもしれません。

 

しかし、仮にそうだとしても「マカやサソリ、冬虫夏草」などの強壮成分と、ごくありふれたフルーツや野菜を同列に並べていいものでしょうか?

成分名の表記すらない植物発酵エキスがどのように勃起力や精力増強をサポートするのか、はなはだ疑問です。

 

フュージョンEXプラスを購入する男性に必要なのは、健康を追求するための健康食品ではなく、ペニスの増大をサポートしてくれるメンズサプリなのです。

 

植物発酵エキスなどは排除し、バイオペリンの5mgは維持したままマカやアカガウクルアの配合量を増やしてもらいたいものです。

 

また、1日の摂取目安量が344mgのカプセル1個というのは非常に少ない印象です。

競合する他の増大サプリと同様、少なくとも1日に2カプセル、できれば3カプセルにすることで、より確実なパワーアップにつながると思います。

 

公式サイトのAV男優座談会動画は「男の悩みはこれで解決!」と締めくくられていますが、疑問や不明点が多く、これで悩みが解決、とはいかないフュージョンEXプラスでした。

 

当サイトではフュージョンEXプラス以外でも、多くの増大系/精力系サプリを原材料表記から分析、結果をランキング形式で公開しています。

ぜひサプリ購入前の参考にしてください。

あなたにぴったりの増大系サプリがきっと見つかるはずです。

 

⇒フュージョンEXプラスを凌ぐ精力剤/増大サプリ 調査ランキングはこちら!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ページトップへ

error: Content is protected !!