【コンドームを付けると萎える!?】原因~セックス挿入時のペニスの中折れ対策法

コンドームを付けると萎える

前戯で盛り上がって、いよいよ挿入!

そんな時、コンドームを着けたら萎えてしまった・・・

という経験はありませんか?

男なら誰にでも1回や2回はあることですが、何度も続くのはさすがにツライですよね。

では、なぜコンドームで萎えてしまうのか?その要因は5つあります。

 

【コンドームで萎えてしまう5大原因】

・コンドームのサイズ・厚さが合っていない
・間違った装着法による感度低下
・装着中の緊張・焦り
・トラウマ・プレッシャー
・加齢に伴う精力減退

 

この5大要因に対する、効果的な対策法は8つです。

 

【コンドームで萎えないための対策法】

① コンドーム装着をプレイの一環として楽しむ
② 自分のサイズに合ったコンドームを選ぶ
③ コンドームを使わない・避妊用ピルの使用
④ リラックスしてプレッシャー・焦りを遠ざける
⑤ セックスの場数&経験で解決
⑥ オナニーの回数や方法を変えてみる
⑦ ペニスを強制的に勃たせる・維持させる
⑧ 萎えないように精力増強させる

 

ここでは、セックスでコンドームを着けると、どうしてもペニスが萎えてしまう人のために、

「コンドームで萎えてしまう5大原因」
「コンドームで萎えないための対策法8選」

 

について、詳しく掘り下げて解説します。

中折れ問題を解決して、充実のセックスライフを送りましょう!

 

コンドームセックス

 

コンドームで萎えてしまう5大原因

コンドームは、避妊や性病予防に不可欠なアイテムですが、着けている間に萎えてしまう人にとっては、うっとうしいものです。

では、なぜコンドームを着けると萎えてしまうのか?

その5大要因を、ざっくり解説します。

コンドームのサイズ・厚さが合っていない

コンドームのサイズ

コンドームは、数えきれないほどの種類が市販されています。

 

特に深く考えず、パッケージのイメージや価格で選び、何となく「こんなもんかな」と使っている人も男性も多いでしょう。

 

コンドームは早漏対策にも使われるくらい、ペニスの感度に深く関係しています。

 

極厚タイプのコンドームなら、当然ながらそれだけ感度を下げてしまいます。

 

ペニスに対してサイズの小さいコンドームなら、ペニスを圧迫して感度が鈍くなるだけでなく、セックス中の痛みにつながります。

 

性的刺激が減退したり痛みを感じたりすれば、そのせいでペニスは萎えてしまいます。

 

間違った装着法による感度低下

 

コンドームの強度&安全性

 

世界の国々と比べると、日本人は包茎の割合が極端に高いと言われています。

 

実際、日本人の成人男性のおよそ60~70%は包茎(仮性包茎を含む)であることが分かってます。

 

包茎の人は、コンドームの着け方においてもコツが要ります。

 

ペニスの包皮に被われた状態のまま、コンドームを装着すると、コンドームの厚み+皮の厚みで、セックス中の快感度が減退してしまいます。

 

そうなると、性的刺激が物足りなくなるので、中折れにつながるというわけです。

 

装着中の緊張・焦り

コンドーム装着中の緊張

 

たいていの男性はセックスに対して繊細です。

 

前戯中はそれなり興奮していても、コンドームを着けるときの気まずい沈黙の時間に耐えられず、萎えてしまうことは決して珍しいことではありません。

 

とりわけ若年層の男性に、緊張・焦りが要因となる萎えや勃起不全(ED)が多い傾向にあるようです。

 

トラウマ・プレッシャー

間違ったコンドーム装着トラウマ・プレッシャー

 

セックス中の中折れ問題の要因の1つとして、トラウマ・プレッシャーは無視できません。

 

・過去に失敗経験がありトラウマになった
・勃たないと彼女が不満に思うのではとプレッシャーを感じる

という人は要注意です。

 

セックスでの失敗が一度でもある人は、あの情けなさをもう二度と経験したくないと思っています。

 

結果としてこの「トラウマ」が、セックス時にプレッシャーを招き、萎え・中折れを引き起こしてしまうのです。

 

これは、相手が大切な人であるほど余計に緊張してしまい、プレッシャーが強くなります。

 

初体験での失敗はよくあることですが、これを長く引きずってしまう場合は、放置しておくと悪化する可能性もあるので、早めの対策をしましょう。

 

加齢に伴う精力減退

 

セックス中の萎えや中折れは、単純に加齢に伴う体力低下、精力減退が原因であることも多く、特に30代を過ぎたあたりから起こりやすくなります。

 

精力の衰えとともに、勃起力も年々低下していきます。

 

そのため、高齢になるほどバイアグラや精力剤が必要になるわけです。

 

自分はまだ若いから大丈夫という人も、今のうちにケアをしておくことで、将来的な精力減退も最小限に抑えることができます。

 

生活習慣の見直し、食事改善、サプリメントによる栄養補強など、基本的なことが後々になって、若々しさを保てるかどうかが分かれてきます。

 

関連参考記事
⇒50代以上精力回復法まとめ

 

コンドームで萎えないための対策法8選

コンドームで萎えないための対策法

 

コンドームで萎える5大要因をざっくり解説したところで、その萎え問題の解決策を8つ紹介します。

 

対策法1|コンドーム装着をプレイの一環として楽しむ

コンドームを着けるタイミング

 

コンドーム装着でペニスが萎えてしまうなら、そのプロセスを「プレイ」の一環として楽しむのも一つの手。

 

コンドームを着けるときは、何となく気まずい感じがしますし、手間取ればそれだけどんどん萎えてきてしまいます。

 

コンドーム装着の過程で萎える人は、コンドームをパートナーに着けてもらうのも良いでしょう。

 

ペニスを刺激されながら着けたり、相手に口で着けてもらうといったAVや性風俗のようなプレイとして楽しむことで、勃起を維持しやすくなります。

 

この方法は、パートナーの女性に手伝ってもらう必要があるので、話し合って理解をしてもらうことが不可欠ですが、セックスライフを向上させるためなので、快く協力してくれるはずです。

 

対策法2|自分のサイズに合ったコンドームを選ぶ

自分のサイズに合ったコンドームを選ぶ

 

コンドームのサイズ選びを誤っている人は意外と多いです。

 

自分で買ったことがない、ラブホに置いてあるものを使っている人は、あまり意識したことがないと思いますが、コンドームには標準サイズのほか、細め、Lサイズ、XLと様々なタイプがあります。

 

標準サイズのポイント

コンドームを着ける際、両手指でピタッと竿にフィットさせるようにゴムを巻き下ろしていきますが、若干引っ掛かってもすんなり装着できる人は、標準サイズで問題ありません。

 

ビッグサイズのポイント

コンドームを着けるときに、

・ゴムのリングの部分が竿に食い込んで、スッと巻き下ろすことができず、シワシワになってしまう。

・装着に手間取るうちに萎えてしまう。

・パートナーに手伝ってもらっても、ゴムが巻き下ろせない。

 

という人は、LやXLといったビッグサイズを試してみてください。

 

(厚さ0.02ミリや0.01ミリといった極薄タイプは、とりわけ巻きの部分が薄くて着けづらいため、サイズはそのままで厚さ0.03ミリ以上、素材がラテックスのものを選びましょう)

 

タイトサイズのポイント

フル勃起の状態でコンドームを着けても、全体的にピタッとフィットしない、挿入中にコンドームがズレやすいという人は、標準より細めのタイトサイズを試してみてください。

 

関連参考記事
⇒【コンドームの選び方】おすすめコンドーム、サイズ/種類解説

 

対策法3|コンドームを使わない・避妊用ピルの使用

コンドームを使わない・避妊用ピルの使用

コンドームをつける過程で萎えてしまうのなら、その要因となるコンドームをいっそ使わないという選択も一つの手。

 

とはいえ、萎える要因がコンドームだけではなければ、根本的な解決にはつながらないですし、避妊や性病予防の面では全くの無防備になるので、その点は覚悟をしておく必要があります。

 

どうしても、コンドームを使わない方法を選びたいなら、女性に避妊用ピルを飲んでもらうといった手段もあります。

 

この場合、自分が原因なのに、パートナーに副作用が伴う可能性のあるピルを飲んでもらおうとするのは、なかなか了承が得られないかもしれません。

 

しっかりと話し合い、相手にちゃんと納得してもらうことが大切です。

 

対策法4|リラックスしてプレッシャー・焦りを遠ざける

リラックスしてプレッシャー・焦りを遠ざける

前戯でもフル勃起しない、挿入中に中折れしてしまう場合は、単純にコンドームだけの問題ではないかもしれません。

 

思うように勃たない、萎えてしまうのではということに意識が行ってしまい、それがプレッシャーや焦りにつながることで、負のスパイラルに陥るわけです。

 

深呼吸をする、緊張緩和に効くツボを押すなどをして、リラックスを試みたりするのも一つの手。

 

また、いっそ開き直って、自分のことではなく、パートナーを悦ばせることを優先させると、かえって変な焦りもなくなってくるはずです。

 

対策法5|セックスの場数&経験で解決

セックスの場数&経験で解決

 

萎えの原因が、プレッシャーや緊張によるものの場合、「慣れ」の問題もあります。

 

単に、経験数が少ないために緊張するという人は、場数をこなしてセックスそのものに慣れていくことで、ある程度解決できます。

 

例えば、ソープランドなど性風俗で経験を積むというのも一つの手。

 

風俗でセックスを何度もこなしていくことで、徐々にパートナーとのセックスでも、余裕が出てきて、中折れや萎えも改善していくというわけですね。

 

ただ、風俗を何度も通うとなると、それなりの料金が発生します。

 

なるだけコストを抑えたい人は、セックスフレンドを作るのもおすすめ。

 

マッチングアプリ、出会い系サイトなどでセフレ募集目的の人を探し、お互い割り切ってセックスすることで、次第に慣れてきます。

 

対策法6|オナニーの回数や方法を変えてみる

オナニーの回数や方法を変えてみる

オナニーはセックス時程度の刺激で

オナニーは、やり方が間違っているとペニスの感度を低下させ、セックスにおいても性的刺激を鈍くしてしまいます。

 

そのうえ、コンドームを着けることによって、この状態はさらに悪化します。

 

手指で強くギュッと握ってするオナニーは、女性の膣内より高い快感を得られますが、慣れ過ぎるとセックス本番で感度不足に陥り、遅漏や中折れを引き起こしてしまいます。手指で強くギュッと握ってするオナニー

 

また、オナニーのときに見るAVは、普段のセックスよりも視覚的に刺激が強すぎるので、いざパートナーとのセックスとなると、フル勃起できないという人も少なくないようです。

 

オナニーは、セックスの刺激を超えないようにすることで、本番でも感度を保つことができます。

 

関連参考記事
⇒遅漏を改善する方法6選

 

コンドームを着けてオナニーをする

コンドームを着けてオナニー

 

コンドームで萎える、興奮が冷めてしまう原因の1つに、ナマの快感を知ったがゆえに、コンドームを着けると物足りなくなる、という脳の思い込みがあります。

 

これは知らず知らずのうちに進行し、「ナマの方が気持ちいいのに」という潜在意識が、EDを引き起こしてしまうのです。

 

この解決策となるのが、「コンドームを着けて、オナニーをする」というもの。

 

つまり勃起~イク瞬間まで、いつもゴムを装着していることを、脳に覚えさせるというわけです。

 

最初は面倒かもしれませんが、ゴムの上からローションをたっぷり塗ると、ナマでシゴくよりいつもと全く違う刺激が楽しめます。

 

結果的に、「ナマよりもコンドーム装着した方が気持ちいい」ということが、潜在意識にすりこまれるのです。

 

ちなみに、元々は、膣への挿入はナマよりもゴム付きの方が気持ちいいと言われています。

 

ナマの場合、愛液がダイレクトにペニスを覆うので、滑りすぎて逆に摩擦力も弱まってしまいますが、ゴム付きなら、愛液のヌルヌル感を抑えられるため、ピストン運動時の摩擦力が高まり、快感が格段にアップするというわけです。

 

対策法7|ペニスを強制的に勃たせる・維持させる

ペニスを強制的に勃たせる・維持させる

ギンギンのフル勃起が維持できないなら、勃起薬(ED治療薬)を使って強制的に勃たせるのも一つの手。

 

勃起薬(ED治療薬)の代表的なものとして「バイアグラ」や「レビトラ」などがあり、多くの人に支持され、比較的手に入れやすいです。

 

ただ、医薬品にはどうしても副作用のリスクが伴うので、安全に使用するためにも、専門のクリニックで診察を受け、適切な種類・量を処方してもらうのがベストです。

 

おすすめ2大勃起薬(ED治療薬)

中折れ改善効果のあるED治療薬もさまざまな種類がありますが、中でも代表的な次の2銘柄の中から選んでおけば無難(クリニックで処方される場合は、これ以外が用いられることがあります)。

バイアグラ

バイアグラ

使った経験がなくても、一度は聞いたことがあるほど知名度の高い勃起薬。

 

バイアグラは、勃起力を向上させる医薬品で、服用してから約30分~1時間で効果があらわれ、約4時間、効果が続きます。

 

性的な刺激を受けることで自然な勃起を促すため、EDや中折れなどの症状の大幅な改善が期待できます。

 

レビトラ

レビトラ

 

レビトラも、バイアグラ同じように勃起力向上作用を持ち、服用して早くて約10~20分で効果があらわれてきます。

 

持続時間は5~10時間とバイアグラよりも長く、即効性があり、長時間効くのが特徴です。

 

こちらも性的な刺激によって自然な勃起を促すため、EDや中折れなどの悩み解決に寄与します。

 

バイアグラは、食事の後に服用すると効果が低下する傾向にあり、レビトラは食事による影響を受けづらいとされています。

 

この特性のため、レビトラは服用するタイミングを、厳密に考える必要がないという利点があります。

 

バイアグラ・レビトラは副作用に注意!

勃起薬の副作用イメージ

 

バイアグラ・レビトラは医薬品のため、少なからず副作用が伴い、使用方法を誤ると深刻な症状に陥ることがあります。

 

主な副作用としては、「頭痛」「めまい」「動悸」「目の充血」「顔のほてり」「胃痛」「鼻づまり」「視覚異常」などがあります。

 

とりわけ、ED治療薬は血管拡張作用と血流改善効果があるため、顔のほてりや頭痛などの症状は、大半の人が感じるといわれています

 

こちらは本記事とはテーマ違いなので、詳細は以下の別記事で解説していますので、合わせてご覧頂くと理解が更に深まると思います。

 

関連参考記事
⇒バイアグラ・シアリス・レビトラの効果や違い、副作用~購入時の注意点まとめ

 

対策法8|萎えないように精力増強させる

精力も勃起力も増強した男性イメージ

 

ペニスの勃起は、心身の健康状態を映し出す鏡のようなものです。

 

必要な栄養素が十分摂れていない、運動不足で身体能力が著しく減退している、ストレス過多に陥っているといった状態は、勃起力低下を招く大きな要因になります。

 

精力に最も深く関係するといわれているのが、男性ホルモンの1つ「テストステロン」です。

 

このテストステロンは、男性の筋量アップや精神充実、精力増強、精子の量や質を向上させる作用を持ち、別名「モテホルモン」ともいわれるほど。

 

心身ともに健康的な男性ほど、このテストステロン量が多く、性機能もすぐれている傾向にあります。

 

テストステロン量を増やすことで精力が増強されれば、セックス中の萎え問題も次第に改善されていくはずです。

 

テストステロン量を増加させる、具体的な方法としては、

・適度な運動で筋量アップ
・質の高い睡眠をとる
・健康的な食事メニューを選ぶ
・精力剤(サプリメント)で精力を底上げ

などが効果的です。

 

こちらの内容については、以下の別記事で詳細に掘り下げていますので、併せてご覧ください。

 

関連参考記事
⇒勃起力アップ方法詳細解説記事

 

【まとめ】

コンドーム中折れまとめコンドームを着けると萎える原因と、対策法を8つ紹介してきました。

ここで、それらを簡単にまとめます。

 

【コンドームで萎えてしまう5大原因】

・コンドームのサイズ・厚さが合っていない
・間違った装着法による感度低下
・装着中の緊張・焦り
・トラウマ・プレッシャー
・加齢に伴う精力減退

 

コンドームで萎える原因は、コンドームに問題があるもの、メンタル的なもの、年齢的な自然現象ということがいえます。

【コンドームで萎えないための対策法8選】

① コンドーム装着をプレイの一環として楽しむ
② 自分のサイズに合ったコンドームを選ぶ
③ コンドームを使わない・避妊用ピルの使用
④ リラックスしてプレッシャー・焦りを遠ざける
⑤ セックスの場数&経験で解決
⑥ オナニーの回数や方法を変えてみる
⑦ ペニスを強制的に勃たせる・維持させる
⑧ 萎えないように精力増強させる

 

コンドームで萎えないようにするには、コンドームそのものとの付き合い方を変える、自分の習慣・身体・メンタルを変えることが必要です。

 

自分に合ったコンドームをお探しの人のために、別記事の「おすすめコンドーム」でまとめました。

⇒【コンドームの選び方】おすすめコンドーム、サイズ/種類解説

また、勃起力そのものも上げたいという人には、以下の「勃起力アップの詳細解説」を別記事で紹介していますので、併せて読んでみてください。

⇒勃起力アップ方法詳細解説記事

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ページトップへ

error: Content is protected !!