勃起の持続力が無い…。ペニスのフル勃起状態を維持する簡単な方法

セックスでしらけたカップル

勃起状態を維持出来ず萎えてしまう悩みを解決!

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

 

「せっかく彼女とベッドインしたのに勃起が持続せず萎えてしまう・・・
「一回戦は何とか大丈夫だけど二回戦は半勃ちにしかならない

 

ご安心下さい。そんな悩みを持つ男性は実に多いですし、ちゃんと解決の方法もあります。

 

ペニスの中に持続力イメージ

 

その答えを最初に書くと、即効性のある方法で半ば無理やり勃起を持続させる方法と、男性機能ペニスの内部から改善して、ペニスが本来持っている勃起力を復活させる(正常な状態に戻す)方法2つに分けられます。

 

即効性のある方法の最たるものとして、バイアグラなどのED治療薬や、つらい副作用を伴う成分塩酸ヨヒンビンが配合された商品等の服用に代表される、医薬品指定の勃起薬を使った方法が挙げられます。

 

これらは確かに一定の効果がある反面、安易な判断で服用すると身体に大変負担が掛かり、よほどの状況で無い限りオススメ出来ません。

 

 

詳細は当サイトの別記事で解説していますので省略しますが、ここでは

「即効性=医薬品指定=副作用アリ」

は基本として覚えておきましょう。その上で即効性のある勃起薬を選択する場合は、必ず医師の指導に従いましょう。

 

 

この記事では、先に触れたもう1つの方法である

 

男性機能を根本から改善して、ペニスが本来持っている勃起力を復活させる(正常な状態に戻す)方法」

 

に重きを置いた解説をしていきます。

 

 

勃起持続力増強サプリで体質改善し、自然な勃起力を手に入れよう!

医薬品は即効性と引き換えにリスク有

繰り返しますが、勃起改善薬の服用は手っ取り早い解決方法である反面、あくまでも対症療法で根本的な解決にはなりません。

 

 

↑写真の松葉杖医薬品指定の勃起薬「手っ取り早い対処法・無理やり立つ」という意味では近いと言えますが、この2つには決定的な違いがあります。

 

それは、松葉杖は使用する事で足への負担が減るだけで足が治るわけではなく、 ED治療薬も飲めば勃起するけど根本の症状が全く改善されないという点が同じです。さらに身体へのダメージや副作用、更に薬への耐性が出来てしまい、効果は徐々に鈍化していきます。最終的に服用前よりも症状が悪化した~という事例も多数報告されています。

ED治療薬を使うと簡単に勃起するので、体がそれに慣れてしまって自力で勃起しようとしなくなります。

つまり、薬で補助することで、体がそれに頼るようになって怠けてしまうのです。

松葉杖もこれと同じで、松葉杖を使うことで歩くのは楽になりますが、足が悪いのは全く治らず、いつも松葉杖を使うと足が松葉杖を頼るようになって、もはや松葉杖なしでは歩けない体になってしまいます。

だからED治療薬を使うのも程々にしないと、さらに勃起力を失うことになってしまうのです。

また、安いものではありませんので、当然金銭の出費も馬鹿になりません。

 

これらの理由から、ED治療薬を使うことははある意味で「依存症」と言っても決して大袈裟では無いのです。

 

そういう性質を持つ薬を服用せずに勃起の持続力を回復させるには、まず第一にアンチエイジングを兼ねて生活習慣の改善を図る事が大切です。

runner-304149_960_720

 

バランスのとれた食生活フィットネスクラブ等に入会したりジム等で身体を動かすこと、睡眠をしっかりとって休養することが健康な身体を作る基本です。

 

 

 

そもそも勃起のメカニズムは、性的刺激を受けると脳からペニスへ伝達され、血管や筋肉が作動し、ペニスに大量の血液が流れ込んで次第にペニスが立ち上がるという仕組みになっています。

 

このことから言えるのは、ペニスへの血流促進効果の高い精力サプリを一定期間服用する事で、年齢を問わずいつでも簡単に、自然な勃起力と持続力を得ることが可能になるということです。

 

 

そしてこの「ペニスへの血流促進効果」のある成分とは、ズバリ「L-シトルリン」です。

つまり

「ペニスが本来持っている勃起力を自然に復活させる方法」とは、「L-シトルリン」の配合率が高い精力サプリを一定期間服用しつつ、生活習慣も改善する事なのです。これが身体に負担を掛ける事無く、費用対効果も高い、トータルバランスの最も優れた方法です。

 

ちなみにこの「L-シトルリン」は、以前はその効果の高さから医薬品指定を受けていた成分でしたが、その後見直しされ医薬品指定が解除された事で、サプリメントにも配合できる様になった成分です。

 

これは裏を返せば、

「健康食品であるサプリメントに配合可能な成分の中では、「L-シトルリン」が一番、勃起力&持続力増強に即効性のある成分」という事が言えます。

 

「L-シトルリン」の配合率が高い優良精力サプリの分析は、以下の別記事でも詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

 

⇒「L-シトルリン」高配合サプリランキングはこちら☆

 

勃起持続力アップは健康な体が大前提!体質改善の重要性

体質改善で勃起持続力アップ

これは精力増強サプリに限った話ではありませんが、健康な状態でサプリを摂取することで、服用効果はさらに高まります。

これはなぜかというと、人体はエネルギーを使うのに優先順位を決めているからです。

 

病気やケガをすれば、それを治すのに優先的に体のエネルギーを使います。そうでないと命に関わるからです。

だから風邪程度のそんなに重くない病気でも、一時的に38度も熱が出ると急に食欲がなくなって何も食べられなくなります。

「食べないと元気が出ないから何とかして食べよう」と思っても、何も食べる気がしないという経験は誰もが一度や二度はあるでしょう。これはなぜでしょうか?

風邪で体が衰弱したら、何か食べて少しでも栄養をつけないと、治る風邪も治らなくなってしまいます。

実は、食べた物を消化するのはかなりのエネルギーを使うのです。

消化

体は風邪を治すのに全エネルギーを集中したいのに、食べ物が胃に入ると消化しなければならなくなります。なぜなら、早く消化しないと食べた物が胃の中で腐ってしまうからです。

しかし、これでは風邪を治すためのエネルギーが消化に回されて、風邪が長引くことになります。

だから、風邪が治るまでの間、食欲がなくなって一切食べ物を受け付けないようにするのです。

 

実は、セックスのために使うエネルギーは、これよりさらに優先順位が低いのです。体にとってセックスは、ただ単に一時的な快楽のために大量のエネルギーを消耗する行為です。

セックスする男女

 

当然ながら緊急時には、セックスに限りある体のエネルギーを優先的に使わせるわけにはいきません。

そのため、体に病気や異変があると、まずそれを治すためにエネルギーを使います。

 

そして、病気も異変もなくなるとエネルギーが余りますから、そうなってからようやくセックスに使うエネルギーが確保できるのです。

勃起持続力をアップさせるには体質改善が大事というのはこうした理由からです。

 

体のどこかに異変があると、そこを治すのにエネルギーが必要なので、優先順位の低い勃起力アップのためにエネルギーを使うことなど後回しにされてしまうのです。

 

【例え話】体質改善をしないと勃起持続力アップが難しい理由

 

「まず体質改善をしないと勃起力アップは望めない」これは、以下のたとえ話で言うとわかりやすいかもしれません。

 

ある人が海外旅行に行きたいと思ったとします。でもその人の月給は10万円しかありません。
これではアパート代と食事代を払ったら1円も残りません。

でもアパート代と食事代は絶対必要なので外すことができません。となると、海外旅行をあきらめるしかなくなります。

 

しかし、月給が増えれば海外旅行のお金も出せるようになります。

 

生活改善をすると勃起力にエネルギーを回せるようになるのもこれと似ています。

海外旅行と同じように、セックスのエネルギーも余裕ができて(体質改善できて)初めて可能になるのです。

体質改善の大切さがわかって頂けたでしょうか?

ペニスの勃起力アップイメージ図

 

サプリメントは「健康を維持するために必要な、不足しやすい栄養素を手軽に補給する」ことができます。

 

先に触れた勃起力アップの主成分であるL-シトルリンの他にも、L-アルギニン、亜鉛やマカ、すっぽんなども同じく勃起を促進する成分で、同時に滋養強壮を促進する栄養素でもあり、これらはドラッグストア等でも入手可能です。

 

中折れや勃起の持続力といった、男性が女性とのセックスを考える上で切り離せない悩みを、健康を損なう事無く、また見せかけでも無く芯から根本解決する事により、あなたのセックスに対する自信は確実に高まるでしょう。

 

それにより、SEXの最中でも気持ちに余裕ができ、充実したSEXライフを楽しむことが出来るようになります。

 圧倒的な自信が復活!!

 

焦らず今あなたが出来る事から確実に実行し、輝かしいSEXライフを手に入れましょう。

 

⇒人気の精力増強サプリランキングはこちら☆

 

そもそも勃起が持続しない原因って?

大別すると「心因性」と「器質性」の2つ

これは年齢的な問題もありますが、心因的な問題、体質的な問題も影響しており、一概に何が原因だと判断するのは難しいですが、大別すると「心因性」と「器質性」の2つに分けられます。

 

器質性に起因する場合

器質性要因とは、加齢によるテストステロンの減少、血管障害である動脈硬化、肥満、高血圧、糖尿病などに起因するものです。

 

老化からくる勃起力低下や中折れは自然現象で、誰でも遅かれ早かれ起きるものですが、若くても身体を酷使しすぎていたり、日々ストレスを感じていると、勃起力低下や中折れするケースは決して少なくありません。

 

この場合は先に紹介した「精力増強サプリや食生活の改善、軽い運動を取り入れる」などを行いつつ、ストレスも軽減して身体が健康に戻れば、確実に治す事が可能です。

 

そういう意味では、心因性の原因による中折れの方が、予防も出来ないため対処が難しくなります。

 

心因性に起因する場合

心因的な原因から起こる中折れの1つの事例として、短小や早漏の事を女性に指摘されたり(指摘されていなくても、しぐさなどから感じた場合も同等)、それと類似する過去の苦い経験から、セックスに対する自信が喪失すると、中折れする確率はとても高くなります。

 

上記のような事例が意外と多く、同時に多いのが、単純に仕事や家庭内のストレスです。

特に家庭内にストレスの原因があると、体も心も休めるための場所であるはずの家庭が落ち着かない場所になってしまうので、深刻な事態になりやすいのです。

 

ましてや、ストレスとなる相手が妻だったりすると、もうその妻を相手にセックスするのは苦痛でしかなくなります。

こうなると、勃起するものも勃起しないのは当たり前のことです。

 

昨今の日本は先進国の中でもかなりのストレス社会です。そのため心因性の勃起不全は仕事や家庭内のストレスからくるものも多く、家庭内に原因があると解決の糸口を見つけるのが難しくなります。

女性が満足するまで頑張らないと、と思っている責任感の強い男性ほど、いざ勃起の持続力が続かないとなった時のショックは大きいものになります。

 

心因性に起因する勃起力低下を改善する方法

このような心因性の中折れや勃起不全の症状を克服し勃起力をアップするには、最終的には自信を取り戻す以外にはありません。

もちろん、自信を取り戻すには勃起力アップが大切です。勃起力がアップしないことには自信も湧いてきません。

 

人の身体は不思議なもので、心の影響をとても強く受けます。

 

医者や現代医学から見放された難病でさえ、患者が心から「絶対に治る!」と信じた事で、本当に治ってしまったケースもあります。

 

これはつまり、せっかく効果のあるED治療薬や精力増強サプリを使っても、飲んだ人が仮に「本当に効くのか?いやたぶん効かないだろ・・・」などと思っていると、本当に効果が薄れてしまう可能性があるという事です。

これはとても大事な事ですので、常に意識しておきましょう。

 

心因性の原因からセックスに対して自信を無くした場合の対処法の1つとして、精力増強サプリなどで心身両方の補助をしつつ、余計な感情移入しない相手と行為に及ぶ事です。

 

言い換えれば、「仮に以前と同じ失敗をしても傷つかない相手」という事です。

 

そういう意味では、セフレなどはある意味で最適かもしれません。

 

 

パートナーにも協力してもらおう

woman-148698_960_720そもそもセックスは一人で行うものではなく、パートナーの女性と一緒になって行うものです。

 

そのため、まずは可能な限りパートナーに協力を求めましょう。

 

pair-707502_960_720先にも触れましたが、勃起が続かない原因の一つとして、

 

女性の態度によって自尊心が傷つき、メンタル面が影響して勃起しなくなってしまう場合があるからです。

 

男性の勃起が十分ではない時や、性行為の途中で中折れしてしまい膣からペニスが抜けてしまった時、女性が非難めいた声をあげると男性の自信は失われます。

 

 

そこで、女性に対して膣への挿入にこだわらず、男性のペニスを手や口で愛撫して硬く大きくしてほしいと頼んでみましょう。

愛撫の結果すぐ勃起したとしても早急に挿入せず、最初のうちはそのまま女性の手のひらや口の中で射精します。

 

大切なのは、「勃起して挿入しないと愛のあるセックスができない、女性が不満になる」といった概念を捨て、「勃起をして射精する」という形を覚えて自信回復することです。

 

だんだん勃起して射精する流れが当たり前になり、女性も積極的に奉仕してくれるのであれば気持ちも落ち着き、挿入しても勃起が持続してそのままセックスができるようになる可能性があります。

 

口や手で奉仕してもらっている間は、挿入以外に女性にできる愛撫をたくさんしてあげましょう。

セックス時の雰囲気作り、身体の全てを愛撫したり言葉攻めをして女性を興奮させてあげたり、挿入以外にも女性に尽くすことはできます。

 

 

副作用を知った上でリスクを取るならED治療薬もアリ!?

冒頭の繰り返しになりますが、「どうしても、今すぐ即効で勃起力を回復させたい」という、他に選択の余地が無い場合は、ED治療薬を服用のもいいでしょう。

ストレスでインポテンツになった男性

 

泌尿器科に行って相談すれば良い薬を処方してくれますので、すぐに効果を求めている人は医療機関へ相談しましょう。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つのED治療薬

歴史と実績のあるバイアグラを始めとしてシアリス、レビトラなど日本でも認められている薬があり、医師の指導の下、正しく服用すれば勃起の持続力は確実に上がります。

バイアグラの名前はED治療薬としては有名ですよね。その次に、シアリス、レビトラがあります。

この3つのED治療薬の細かい効果は異なりますが、ほとんど同じです。勃起しやすく持続させやすくする効果があります。

 

ここで重要なのは、あくまでも勃起しやすくする、勃起状態を持続しやすくする程度の効果しか無い」という事です。よく勘違いされている方がいますが、ED治療薬を飲んだからといって、ところ構わず勃起する訳ではありません。

 

あくまで、ペニスが勃起しやすくなるように、体内に有効成分が働きかけるのです。勃起しやすくしてそれを維持しやすくするなら、それで十分という人も多いでしょう。

ペニスが勃起するためには、cGMPという成分が必要になります。このcGMPは海綿体平滑筋に作用して弛緩させ、ペニスに大量の血液が流れ込むことにより勃起するわけです。

しかし、いつまでも、cGMPが大量に生成されたままでは、常に海綿体平滑筋は弛緩したままですから、今度は勃起したままになります。(最悪、勃起持続症に発展し大変危険です)

 

これでは都合が悪いのでPED5と呼ばれる酵素が体内で生成されて、cGMPを分解します。

 

勃起の持続力がない人は、cGMP の生成量が少なく、すぐにPED5により分解されてしまい、勃起を長時間維持することができないのです。

 

あるいは、PED5の分泌のタイミングが早すぎても同じことになります。まだセックスの途中で、勃起が必要なのに早々とPED5が分泌されるとそこで中折れしてしまいます。

そして、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つのED治療薬は、すべてPED5の働きを阻害する効能を持っています。

効果の持続時間や効果が表れるまでの時間が異なるだけでなので、どれを使っても効果が出る人は出るけれど、出ない人はどれを使用しても効果はあらわれにくいでしょう。

 

ただし、バイアグラでは効果がなかったけど、レビトラを飲んだら効いたという人もいますし、その逆もあります。

副作用についても、バイアグラでは何ともなかった人が、シアリスを飲んだら頭痛がするといったことも起こっています。

バイアグラ、レビトラ、シアリスは表面上の効果はだいたい同じでも、使っている成分が違うので、飲む人の体質との相性があるようです。

そのため、この3つとも効果がある人もいれば、3つとも効かない人もいるし、この中のどれかが効く人もいます。

だから、実際に自分で飲んでみないことにはわからないというのが実情です。

 

 

ちなみに、世界でもっとも人気があるのが、シアリスです。

 

シアリスは分子構造がブロック状になっていますので、非常に体内への吸収効率が悪くなります。

 

そのため、効果が出るまでに時間がかかりますが、効果持続時間が24時間~36時間と極めて長時間になります。

 

バイアグラとレビトラは8時間前後が限界になりますので、シアリスの効果持続時間がいかに長いかがわかると思います。

 

そのため、シアリスは世界でもっとも売れているED治療薬です。

非常に魅力のあるED治療薬ですが、その反面、偽物や粗悪品が流通しており、専門医に処方箋を出してもらい手に入れるという正規のルートで購入しなければ、偽物をつかまされる可能性が高いので注意が必要です。

 

ただし、繰り返しになりますが、用法容量を守らないと、 場合によっては激しい副作用が出ることもあります。代表的な副作用の1つとして、先に触れた勃起持続症があります。
薬の作用で無理やり勃起させたために、勃起が戻らなくなる可能性があります。
勃起持続症が続くと、最悪の場合ペニスが壊死するおそれがあります。そのため、服用の際には十分に注意が必要です。

 

海外からED治療薬を輸入する方法

泌尿器科に行くのが恥ずかしい人や、病院でもらう薬は値段が高くて払いきれないという人には、個人輸入代行業者を通じて海外からED治療薬を輸入する方法もあります。

 

 

例えば、カマグラゴールドと言うインド製のジェネリック医薬品のように、値段が安い物を信用できる業者を通じて輸入すれば、薬を入手することが可能です。

 

日本では、バイアグラ以外のED治療薬のジェネリック医薬品の製造はできません。

 

これは、医薬品の特許の関係です。

特許が切れない限り、有効成分を使用したジェネリック医薬品を開発することはできません。しかし、インドの場合、医薬品の特許関係が他国とは異なりますので、インドでは他国で特許が切れていなくてもジェネリック医薬品を製造販売することが可能です。

まれていたなど、いくつかの問題がありました。現在は改善されてはいますが、日本では未許可の成分が含有されていることも稀にあります。

 

 

ジェネリック医薬品は大量のまとめ買いもできるので、割安で手に入れることができます。

 

ただし、すべての個人輸入代行業者が100%効果のあるジェネリック医薬品を販売しているわけではありません。

 

もし、何か副作用が出たとしても、個人輸入代行業者の場合は、一切保証がありません。安価で購入することはできますが、前述したとおり、偽物が多く流通しているので、効果のないジェネリック医薬品を掴まされる可能性もあるのでご注意ください。

 

いずれにしても、服用の前には、必ず事前に正しい知識を得た上で、医師の指導の下で容量と用法を守り、自己責任で使用しましょう。特に個人輸入代行業者から購入するときは100%自己責任ですから注意をしてください。

 

関連参考記事
⇒ED治療薬の効果/副作用まとめ

 

個人輸入代行業者の問題点とは?

個人輸入代行業者リスク

ところで、なぜ個人輸入代行業者から購入するのが自己責任なのでしょうか?

普通に考えれば、個人輸入代行業者から購入したものが偽物だったら、その業者に苦情を言って弁償なり正規品を求めるなりできそうなものです。

 

しかし、個人輸入代行はそういうシステムではないのです。

 

海外の医薬品は、日本で販売が許可されたものでないと輸入できません。

 

もっと厳密に言うと、医薬品の中に含まれる成分の中に、日本で使用が許可されていないものがあると輸入できないのです。

 

これは、訳のわからない成分が含まれた医薬品が勝手に流通するようでは困るので、当然のことです。

しかし、その一方で、海外では許可されているのに、日本では許可されない成分も少なくありません。

海外で何ら障害が起きていないにもかかわらず、厚生労働省が頑なに許可しない成分があるのです。

 

そして、そのために困っている人もいます。

たとえば、アメリカに住んでいた人が風邪を引いたときに飲んでいた風邪薬がとてもよく効いたので、日本に帰国してからもその薬を手に入れたいのに日本では許可されていないといった場合、個人使用に限って許可されていない成分の薬でも入手することができます。

それは、自分で直接相手の国の業者と交渉して購入する方法です。

これは、いわゆる貿易に当たりますが、例外的に個人輸入として許可されています。

しかし、貿易をするには専門知識が必要なので、普通の人にはちょっと無理です。
そこで、専門知識を持った業者に依頼して、代行して輸入してもらうのが個人輸入代行です。

そして、それをやってくれるのが、個人輸入代行業者なのです。

個人輸入代行業者

 

しかし、個人輸入代行業者がやってくれるのは、あくまでも「貿易手続きの代行」だけです。
つまり、海外のどの業者からどの商品を買うかは、購入者本人が決めるのです。
個人輸入代行業者はその商品を輸入するのに必要な手続きをするだけなので、買った商品の品質については責任を負わないのです。

 

個人輸入代行業者を使うのが自己責任というのはそういう意味です。

 

そもそも、個人輸入どうこう以前に、ED治療薬はあくまでも勃起しやすくなる薬です。

そのため、重度の動脈硬化症の場合、ED治療薬をいくら飲んでも勃起しません。冒頭でも注意喚起をしましたが、医薬品であり「劇薬」が含まれている以上、必ず副作用が出ます。

 

副作用が出るのが、効果があらわれてきた証拠と言われているくらい出ますので、副作用が気になる方は、ED治療薬の使用は避けたほうがいいでしょう。

 

少しでも副作用が気になるならED治療薬の使用は避ける

指差しでワンポイントをするビジネスマン businessman pointing and giving an advice

ED治療薬はあくまでも勃起しやすくなるコンディションにする薬です。

そのため、重度の動脈硬化症の場合、ED治療薬をいくら飲んでも勃起しません。冒頭でも注意しましたように、医薬品ですから効果の高い成分が含まれている以上、必ず副作用が出ることも承知しておきましょう。

 

副作用が出るのが、効果があらわれてきた証拠と言われているくらい頻繁に副作用はでますので、副作用が気になるという方は、ED治療薬の使用は避けたほうがいいでしょう。

 

副作用が出るのが効果が出てきた証拠というのは、高い効能のある薬にはよくあることです。

例えば、抗がん剤を飲むと髪の毛がバッサリ抜けてしまいます。これは、強い抗がん剤の作用に髪の毛が耐えられなくなって抜けてしまうのです。

このくらい強い薬でないと癌細胞を殺すことはできないわけです。

また、抗がん剤は激しい痛みを伴うともいいます。癌細胞はもとはその人の細胞の一部だったのですから、それを殺すほどの薬を使えば体全体の細胞が苦しむのは当たり前のことです。

それほどの威力がなければ、がん細胞を殺すことはできないのです。

つまり、必ずしも「副作用=悪」という訳ではありません。

あなたの今の症状や置かれた状況によっては推奨致しますが、副作用やリスクなどを下記の記事で別途解説していますので、どうしても即効性を求めるのであれば、内容を一読した上で使用することをオススメ致します。

 

 

⇒即効性のある勃起薬と副作用の詳細解説はこちら

 

勃起を持続させる方法「総まとめ」

勃起状態を長く維持する簡単な方法とは

・大きく分けて2つの方法があります。その2つとは

1.即効性のある方法で半ば無理やり勃起を持続させる方法
2.体の内部から改善して、ペニスが本来持っている勃起力を復活させる方法

の2つです。

1は、一定の効果が見込める反面、安易な判断でED治療薬やヨヒンビンが含有されている強精剤を服用すると身体に負担が掛かるため、服用には細心の注意が必要です。

2は、生活習慣の改善や「L-シトルリン」や「L-アルギニン」が含まれているサプリメントを一定期間服用することにより、即効性は無いものの、身体に負担を掛けずに自然な勃起の持続力を得ることが出来ます。

 

また、単純に体の調子を整えるなど健康維持の観点からみてもL-シトルリン、L-アルギニンが含まれているサプリメントは効果があります。

 

・そもそも勃起が持続しない原因として、「心因性」と「器質性」の2つに分けられます。

 

「器質性」は、加齢によるテストステロンの減少などが主要因なので、上記2の、生活習慣の改善+精力サプリの服用で改善が可能です。

対して「心因性」のものは、複雑な要因が絡む可能性があるため簡単ではありませんが、セックスに対する自信を取り戻す事で解決することもあります。セックスに対する苦手意識や、必要以上に考え込む事をやめましょう。

 

結論として、当記事では2番目の「本来あなたが持っている自然な勃起力を回復させる」という方法を推奨しています。

 

⇒勃起の持続力を高めるサプリ 比較ランキングはこちら!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ページトップへ

error: Content is protected !!