【亜鉛の精力増強効果と副作用とは?】食材摂取か亜鉛サプリか

亜鉛

亜鉛は、一言で言ってしまえば生命活動に必要な必須ミネラルです。亜鉛の過剰摂取による弊害や副作用もありますが、それ以前に亜鉛の摂取をやめたら、亜鉛欠乏症という病気にかかってしまいます。

 

生命活動に必要な栄養素なのに、体の中で亜鉛を作ることが出来ません。

そのため一般的な日本人は、亜鉛の過剰摂取や副作用の心配よりも、亜鉛不足のために陥る症状や弊害に注意した方がいいでしょう。

 

さらに、亜鉛は男性の性機能に非常に関わりの深いものとなっています。

 

ここでは、性機能に関する亜鉛の効果、生命活動に関わる亜鉛の重要な働き、亜鉛不足で起きる症状、勃起力や精力増強との関係、亜鉛をサプリメントで摂る際の注意点などについて解説していきます。

 

また「亜鉛をどのように摂取すればいいのか?そして亜鉛がなぜ勃起力アップやED改善に効果を発揮するのか?」についても紹介していきます。

 

【亜鉛とは?】

亜鉛の効果は実に多岐にわたっています。生命維持から美容、免疫力の向上、勃起力のアップなどに欠かすことができません。

しかし、亜鉛そのものが作用するのではなく、他の栄養素をサポートする形で作用します。

そのため、亜鉛のみの摂取も大切なのですが、ビタミンやカルシウムなどの栄養素と一緒に摂取しなければ目的を果たせないという黒子的な立ち位置です。

 

亜鉛はあまり印象が強いミネラルではありませんが、必須ミネラルという生命活動には欠かすことのできないミネラルです。

亜鉛は代謝や酵素の生成には欠かすことができません。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015年版」によると男性が必要とする亜鉛の1日摂取推奨量は12mg/日です。

 

しかし、2008年に実施された厚生労働省による国民健康・栄養調査によると、成人男性の場合では平均で8.9mg/日を食事によって摂取していることになりますので、亜鉛の1日摂取目安量には届いていません。これでは、勃起力はアップしません。

亜鉛が本当に不足すると亜鉛欠乏症にかかってしまい、免疫力が大幅に低下する上に、貧血や下痢、嘔吐やめまいなどを引き起こして体を正常に保つことができなくなります。かといって過剰に摂取してもよくありません。

そのため、亜鉛は意識して摂取した方が良い必須ミネラルです。特に勃起力をアップさせて男性的な魅力を取り戻したければ、亜鉛を必ず摂取した方が良いでしょう。

 

亜鉛不足の原因は、食生活の乱れなどが考えられますが、そのほかにも食事制限をするタイプのダイエットなどが原因で亜鉛不足になることがあります。

ちなみに、亜鉛にはダイエット効果があります。なぜなら、糖代謝にはインスリンが必要です。このインスリンはタンパク質からできているのですが、タンパク質をインスリンに変換させるためには亜鉛が必要なのです。

また、男性ホルモンの分泌量をアップさせるために必要な筋肉をつけるときにも、亜鉛は欠かせません。つまり、筋肉細胞を作るときには亜鉛が必要なのです。

 

筋肉が多ければ男性ホルモンの分泌量がアップし、勃起力もアップします。

 

亜鉛は、大人の体に約2㎎程度含まれている微量なミネラルです。筋肉と骨の中に多いのですが、皮膚や内臓の中にもあります。

そして、それぞれの臓器の中でさまざまな酵素と結びついて、重要な働きをしています。

それもそのはずで、亜鉛は数百ともいわる酵素やタンパク質の構成要素として必要なものなのです。

亜鉛はDNAの合成にも使われており、胎児の生命維持にも重要な役割を果たしています。
もちろん、もっと成長してからも必要であることに変わりはなく、第二次性徴期あたりから性器の成長が活発になってくると、特に男性は精子を作ったり勃起力のために重要な役割を果たします。

また、亜鉛は男性の精嚢などのように、新しい細胞を作る臓器では必ず必要になるミネラル成分です。

これ以外にも、体の中では常に新しい細胞が生まれており、骨の細胞も作られています。
これらの細胞の増殖も、亜鉛がなくては正常に行えません。

さらに、亜鉛は細胞にダメージを与える活性酸素を排除する酵素の主要な構成成分であり、味覚を感じる舌の味蕾細胞や免疫作用にも密接に関わっています。

このように、亜鉛は男性機能だけでなく、人体にとって必要不可欠なミネラルなのです。

 

【亜鉛の耐容上限量】

亜鉛は不足すると亜鉛欠乏症になってしまいます。亜鉛欠乏症になると、免疫力が大幅に低下して貧血や下痢、嘔吐にめまいなどを引き起こして体を正常に保つことができなくなります。

ただ、亜鉛には耐容上限量があります。

そのため、
亜鉛を過剰に摂ると健康上問題が起きます。成人男性の場合40mg~45mg/日が亜鉛の耐容上限量です。

 

亜鉛には耐容上限量がありますが、普通の食生活を送っている限り、この耐容上限量を超えることはありません。

 

しかし、亜鉛をサプリメントで摂取するといくらでも飲めるので、この場合は上限量を超えないように注意しないといけません。

 

亜鉛は食事によって摂ることが理想的ですが、食事で摂りきれない量の亜鉛についてはDHCなどから販売されているサプリメントを飲むようにしましょう。

 

DHCでは様々なサプリメントが販売されています。

 

【亜鉛と健康な生活】

勃起力アップのためには健康な生活が必要不可欠です。そのため、ここからは「生命活動と亜鉛の関係性」について説明していきます。

 

亜鉛が体にどのような効果があるのかを上げていくとおそらく、かなり膨大な量になってしまいます。

 

なぜなら、人間の体の中にある生命維持に関係する酵素、約300種類に関係があるからです。

他にも、細胞分裂するためには、亜鉛が必要不可欠となります。
つまり、人間が成長するためには、亜鉛が必要だということです。

 

【貧血、食欲不振、発育不全】

まず、亜鉛が不足して起こる症状は疲れやすさ、食欲不振、発育不全などです。

 

これは消化酵素である、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼという酵素が食べ物を消化して腸内で栄養を吸収するのですが、この酵素は亜鉛がないと働かないのです。

 

つまり、いくら食べても栄養が体の中で上手に消化されず、吸収されなくなるのです。

そのため、勃起力アップ効果のある栄養素を摂取したとしても、十分に体内に吸収されないために、目を見張る効果は実感しにくいのです。

 

【神経障害】

亜鉛は、脳の刺激や伝達にも深い関係がありますので、亜鉛が不足すると神経障害などが起きます。

 

 

たとえば、うつ状態を引き起こすこともあります。

つまり、精神を安定させリラックスするには亜鉛が必要不可欠なのです。

 

そして、勃起はリラックスしていなければ起こりません。

これは自律神経に関係しており、自律神経の副交感神経が優位のときに勃起が起こります。しかし、ストレスなどに晒されていると交感神経が常に優位な状態になってしまい、なかなか勃起することができなくなるのです。

 

また、交感神経は射精するときに欠かすことのできない神経ですから、交感神経優位では早漏の原因となってしまいます。

さらに、勃起するためには性的刺激を受けて、その刺激が神経を伝わり脳へ届きます。そして、脳が勃起の命令を勃起中枢に発令して勃起します。そのため、神経に異常が出ると、きちんと勃起することができなくなるのです。

 

亜鉛は、この神経の働きに欠かすことのできないミネラルなので、なるべく摂取するようにしましょう。また、勃起力アップだけでなく健康維持にも亜鉛は欠かすことができません。

 

【細胞分裂への悪影響】

細胞分裂にも亜鉛は密接な関係があるため、不足すると傷の修復能力の低下、皮膚障害や爪の異常、脱毛などを起こす可能性があります。そのため、亜鉛は薄毛対策などのためにも摂っておきたいミネラルなのです。

亜鉛が不足すると髪の毛が薄くなる恐れがあります。

なぜなら、生命維持活動に優先的に亜鉛が使用されますから、髪の毛に供給される亜鉛は後回しになってしまうからです。その結果健康な髪の毛が失われることになるのです。

そのため、亜鉛は髪の毛の健康にも欠かすことのできないミネラルと言えるでしょう。

 

【アルコールが分解できなくなる】

亜鉛が不足すると、アルコールを分解する酵素の働きが鈍くなるため、お酒を飲んでも体内で分解されて無害な状態にならず、体内に残り続けることになります。

過度にお酒を飲むと、体内に蓄積されている亜鉛の消費量が増えます。そのため、飲酒の習慣がある人はなるべく亜鉛を摂取した方が良いでしょう。

また、亜鉛をしっかり摂る人は風邪を引きにくくなります。

これは、亜鉛が免疫細胞の分裂にも必要不可欠だからです。

【亜鉛不足とEDの関係】

亜鉛が不足して影響が出てくるもののひとつが男性機能です。

 

ある調査では亜鉛を摂らない生活を男性に送らせたところ
、数か月でED(勃起不全)になってしまった
という結果があります。また、同時に精子の量も激減したということです。

 

このように、人間が生きるために必要なミネラルの中でもっとも重要であるにも関わらず、亜鉛は不足しがちなのです。

人間が生活するために、亜鉛は欠かすことが出来ないのですが、体内では全く作られないので、食べ物から摂取するしかないのです。

 

ただ、過剰に摂取しすぎると副作用が現れるので、食事で摂取するよりは、どのくらい含まれているか分かるサプリメントで摂取することが望ましいのです。

【亜鉛と勃起力】

亜鉛を摂取しても、ED治療薬を飲んだ時に勃起しやすくなるような、直接的な効果はありません。

しかし、亜鉛を飲まなければ勃起することができなくなります。勃起するときは体内で複数の酵素が分泌されます。亜鉛はこの酵素を生成する元になるため摂取しなければ勃起するための酵素は分泌されないのです。

 

また勃起に関しては亜鉛を摂っているだけでは意味がありません。

必要な栄養をバランス良く摂らなくてはならないのです。

 

ただ、亜鉛が不足すると勃起不全の原因となることは、研究にて解明されています。

つまり、バランスのとれた食事をしていても、亜鉛が不足すると勃起しないのです。

 

特に亜鉛はビタミンCと一緒に摂取することが望ましいとされています。

この理由は、ビタミンCと一緒に摂取することにより、亜鉛の体内への吸収率がアップするからです。

 

亜鉛は人間にとって必要不可欠な栄養素であるにも関わらず、体内への吸収率は高くありません。

そのため、食品から亜鉛を摂取するよりは、ビタミンCが配合されているサプリメントで摂る方が1日の摂取量的にはお得であると言えるでしょう。

 

このように、亜鉛を長期的に摂取することで、勃起力がアップします。

 

【精子の生成にも関係】

亜鉛は精子の生成にも必要不可欠な成分です。

 

亜鉛は精巣や前立腺に多く存在しており、精子や精液の生成と密接に関係があります。

亜鉛が不足している人の精子の量は、亜鉛をきちんと摂取している人と比べると少なくなっています。

なぜなら精子を作るのにも亜鉛は必要不可欠だからです。

前述した調査では、1日1mgの亜鉛が不足するように食事を管理して、被験者へ与えた結果、男性ホルモンの生成量は減少し、精子の数も大幅に減少したということです。

つまり、亜鉛を意識的に多めに摂取することで、精子の数は多くなり、それだけで勃起しやすくなるのです。

 

また、男性だけでなく女性の卵巣にも亜鉛は必要なので、セックスミネラルとも呼ばれています。

 

【男性ホルモンの生成にも必要】

男性が男性らしくあるために必要なのは、男性ホルモンです。

その男性ホルモンの中でもっとも重要なのがテストステロンです。

テストステロンの量が減少すると、筋肉が落ちてしまったり、勃起力がなくなったり、女性を見ても性欲がわかなくなったりします。

 

また、男性更年期障害の原因にもなり、うつ病のようになってしまいます。

そして、亜鉛はテストステロン生成に必要不可欠な成分なのです。

これも亜鉛が主導してテストステロンを作るのではなく、テストステロンを生成するためには亜鉛のサポートが必要であるということです。

テストステロンが不足すると、勃起の際にペニスへの勃起命令が出たとしても、体内で一酸化窒素が生成されにくくなり、ペニスへ大量の血液が流れなくなります。結果として勃起しても硬いペニスにはならず、フチャフチャなペニスとなってしまいます。

 

テストステロンは男性機能にとってなくてはならないホルモンですが、男性だけではなく女性にとっても必要なホルモンです。

男性の場合は精巣と副腎で作られ、女性は卵巣と脂肪、副腎で作られます。

テストステロンが多くなると、骨や筋肉がしっかり作られるので男らしい体つきになります。

テストステロンは、スポーツ界ではドーピングのひとつとして知られており、あまりいいイメージがないようです。
しかし、もともと人体にある成分であり、体の健康を保つために必要なものです。

 

テストステロンを摂取すると筋肉増強に役立ちますが、そのプロセスは非常に複雑です。
テストステロンは筋肉内でタンパク質の合成を促進する働きをするので、筋肉増強に役立ちます。

しかし、若い男性と違って中年男性が体を鍛えても、20代のような体には戻れません。これは、加齢によるテストステロンの分泌量の低下が一因として挙げられます。

 

しかしこれを逆に言えば、中高年であってもテストステロンを十分に分泌できるようになれば、20代の若々しさを取り戻せるということになります。

 

そこまで若返らなくても、ある程度若返るだけでも、男性機能は驚くほどの回復を見せます。

テストステロンが急激に低下すると、男性更年期障害にかかることがあります。
男性更年期障害はうつ病と似たような症状になるため、一度発症すると改善するのにかなりの時間がかかります。

そうならないためにも、テストステロンの分泌量を保つことが大切です。

 

亜鉛だけを摂っても意味がなく、アルギニンやシトルリン、そしてビタミンCやカルシウム、ビタミンB群などをバランスよく摂取することで、テストステロンの前駆体ホルモンである性腺刺激ホルモンが作り出されます。

 

つまり、亜鉛のみを意識して摂るだけではなく、その他の成分をいかにして同時に摂るかが重要となります。

 

亜鉛が不足すると精液や精子の減少だけでなく、男性ホルモンのテストステロンの減少、そして前立腺肥大などの症状が出てくる可能性があります。

男性ホルモンのテストステロンは多いに越したことはありません。テストステロンの分泌量が多いといつまでも筋肉質で若々しい肉体を保つことができます。

 

 

男性ホルモンのテストステロンの分泌量は年齢とともに低下します。20代~30代をピークとして時間が経つにつれてテストステロンの分泌量は低下していくのです。それを抑制するためにも、亜鉛の摂取は欠かすことができないのです。

 

【食べ物+サプリで亜鉛を効率摂取!】

亜鉛の摂取方法として理想的なのは食べ物から摂取することです。

・ゴマ
・アーモンド
・わかめ
・ひじき
・抹茶
・ココア
・牡蠣
・大豆
・空豆
・米

などに亜鉛は含まれています。理想的なのは、食事によって亜鉛を摂り続けることです。

 

特に牡蠣は亜鉛が多く含まれる食品として取り上げられます。牡蠣にレモンエキスなどをかけて食べれば、ビタミンCも同時に摂取することができますので一石二鳥です。

 

しかし、インスタント食品を中心の食生活をしていたり、ダイエットなどで過度に食事制限をしている人は、摂取できる亜鉛の量が不足してしまいます。

インスタント食品に使用されている食品添加物である、フィチン酸には亜鉛の吸収を阻害する作用があるため、インスタント食品が中心の食生活なら、それを改めるところからスタートした方がいいでしょう。

 

日本人は亜鉛が慢性的に不足気味であることは先に述べたとおりです。そのため、意図的に多く摂取することにより、新陳代謝が促進され男性ホルモンの分泌量が増加するなどの効果があります。

 

ただ、普通の食事で亜鉛を多く摂るのはかなり困難です。牡蠣に亜鉛が多く含まれているからと言って、毎日牡蠣を食べるのは現実的ではありません。

 

そのため、亜鉛を効果的に摂取するならサプリメントがおすすめです。亜鉛のサプリメントはDHCなどから販売されていますが、1粒、2粒で1日の必要目安量が摂れますので、勃起力をアップさせたいのであれば、サプリメントで亜鉛を摂取することが効果的です。

サプリメントは健康補助食品ですから、医薬品のように副作用の心配をすることなく、摂ることができます。

 

サプリメントなら、安全で手軽に栄養素が摂取できるのでとても便利です。

 

【勃起力アップは亜鉛サプリだけでは効果が薄い】

勃起力アップのためには亜鉛は欠かすことができません。しかし、「亜鉛を摂る=勃起力アップ」ということではないのです。

冒頭でも触れましたが、亜鉛は体内の栄養素を作り替えるときに、そのサポートをするのが主な役割です。

亜鉛がなければ作り替えることができません。しかし、亜鉛があっても他の栄養素がなければ亜鉛は何もすることができないのです。

 

 

そのため、勃起力をアップするには亜鉛をサプリメントで摂るほかに、カルシウムやミネラルも同時に摂取したり、シトルリンやアルギニンのような勃起力アップに欠かすことのできない栄養素を摂ることも必要なのです。

 

シトルリンは、もともと医薬品でしたが2007年に医薬品の指定が解除されて以降は、精力増強サプリなどに配合される栄養素です。まだまだ、配合されている商品の数は少ないのですが、勃起力アップには非常に有用な働きをしてくれます。

 

体内に入り吸収されるとアルギニンと同様の働きをするのですが、アルギニンをそのまま摂取するよりも吸収率が高いので、将来的にはもっと多くの商品に配合されるかもしれません。

 

そして、アルギニンはマカなどの滋養強壮効果のある食品に多く含まれるアミノ酸です。

体内で生成することができるアミノ酸で、準必須アミノ酸と呼ばれています。体内で生成することはできるものの、その生成量はそれほど多くないため、食品などで補わなければならないので準必須アミノ酸と呼ばれています。

 

その効能には、以下のようなものがあります。

・成長ホルモンの合成促進
・性機能改善
・疲労回復
・免疫力向上

 

アルギニンは、エナジードリンクなどにも配合されていますが、その量から考えてエナジードリンクでは必要なアルギニンを摂ることは難しいでしょう。あれは数字のトリックであり元気が出たような気にさせるものなのです。あくまで気分の問題で効果はありません。

 

アルギニンは精力や勃起力アップの効果があるアミノ酸であり、勃起時に血管内に分泌される一酸化窒素の生成を助ける働きがあります。

 

一酸化窒素には血管の拡張作用があり血液をペニスに集めやすくします。また、血流の改善を助ける効果もあるため、動脈硬化の改善にも効果があります。

 

さらに、男性ホルモンの分泌には、アルギニンは欠かすことができない成分です。亜鉛とアルギニン、そしてビタミンB群にビタミンCなどのビタミン類が全て揃うことにより、男性が男性らしくあるために必要な男性ホルモンであるテストステロンの分泌が活性化するのです。

 

アルギニンはシトルリンと比較すると体内への吸収率が低く、消化器系に負担をかけてしまう可能性があります。そのため、アルギニンとシトルリン、そして亜鉛が含まれているサプリメントを購入するとより効果的でしょう。

 

こうした勃起力アップに効果のある、「亜鉛+複数の必須成分」が配合されたサプリメントは、amazonなどのようなECサイトでは販売されていません。

 

そのため、送料無料で精力サプリを買うことができないというデメリットがあります。

 

しかし送料がかかったとしても、amazonでDHCのサプリメントを数種類購入するよりも、多くの効能を期待することができます。そのため、送料は必要経費といったところでしょうか。

 

※これらの専用サプリは、以下の別記事にて、人気商品の調査・効果分析を行っていますので、購入前にご一読ください。

 

⇒調査厳選!効果の高い勃起力アップサプリ人気ランキング!

 

【まとめ】亜鉛サプリがオススメ

亜鉛は体に必要不可欠な栄養素です。

 

亜鉛は必須ミネラルであり、不足すると生命維持が難しくなる、本当に体に必要不可欠なものなので摂り続ける必要があります。そして、セックスミネラルと呼ばれるほど、勃起力アップには欠かすことができない成分なのです。

 

しかし、亜鉛だけを摂取したとしても勃起力がアップするわけではありません。

 

亜鉛の他にアルギニンやシトルリン、ビタミンCやビタミンB群などのビタミン類、そしてカルシウムを摂取しなければ、勃起力アップに不可欠な男性ホルモンであるテストステロンやその前段階の性腺刺激ホルモンを生成することはできません。なぜなら、亜鉛はビタミンなどと協力することで初めて効果を発揮する栄養素だからです。

 

つまり、勃起力アップのために摂取するなら、他の栄養素と一緒に摂る必要がありますが、食事で摂るよりもサプリメントで摂るほうが簡単です。

 

また、サプリメントで摂るメリットとして、どのくらいの亜鉛やアルギニンなどが配合されているかが明記されています。そのため、過剰に摂取することなく安心して飲むことができます。

確実に勃起力をアップさせるには亜鉛だけでなく、アルギニンやシトルリンが含まれているサプリメントを摂る必要があります。
 

⇒調査厳選!効果の高い亜鉛含有サプリ人気ランキング!

ページトップへ

error: Content is protected !!