ペニスの亀頭増大方法~小さいカリ首を大きくしたい!

ペニスに関する悩みは様々ですが、その中でも多くの男性が抱えている悩みの一つが「亀頭が小さい」「ペニスの先が細い」ということではないでしょうか。

 

今回はそんな悩みを解消すべく、亀頭増大に関する様々な方法を、メリットやデメリットなどを交えながら、詳しくご紹介していきます。

 

あなたに最適な方法を見つけて行きましょう!

 

もしも亀頭が大きくなったなら…

まず、亀頭の大きい(カリ高)ペニスを持つ男性のメリットについていろいろ考えてみましょう。

 

一番のメリットは、やはり「セックスの時に女性に与えられる快感が大きい」という事ではないでしょうか。

 

先端の亀頭部分が大きい男性とセックスした時に、女性はその大きな亀頭で感じる所を的確に突かれるため、その大きな亀頭のペニスを持つ男性とのセックスが病みつきになり、離れられなくなります。

 

それに加え、その大きな亀頭を持つ男性とのセックスが初体験だったとしたら、その後に他の男性とどれだけセックスをしても、イマイチ物足りなさを感じてしまうでしょう。

 

逆に、先細りのペニスでは突かれても痛みしか感じられなかったり、快感をうまく得られない場合があるかもしれません。

 

そのため、セックスで女性を気持ち良くすることが出来ない先細りペニスの男性は、女性に敬遠され、男性としての自信を失ってしまうという悲しい結末になるかもしれないのです…。

 

また、大きな亀頭のペニスは勃起していない状態でも格好がつくものです。

 

hrwhwq

 

セックス前に二人でお風呂に入っている時に

「このペニスがこれから自分の中に入るんだ…」

と彼のペニスを見てドキドキしたり、フェラチオする度に更に大きくなっていく亀頭にたまらない気分になる女性も多いことでしょう。

 

勃起力アップした男性イメージ

 

 

亀頭を大きくする方法

ペニスを大きくする方法と同様に、亀頭(カリ)増大法はいろいろあります。

 

亀頭を大きくする成分を含んだサプリメントを摂取したり、チントレと呼ばれる亀頭増大マッサージ、クリニックでの本格手術など、さまざまな方法があります。

 

サプリメント

主にL-シトルリン・L-トリプトファン・L-アルギニン・デキストリン・葉酸・ビタミン・マカに加え、朝鮮人参や冬虫夏草、マムシなど漢方でも使われる成分もバランス良く配合されている物が多く、手軽に摂取できるのが特徴です。

チントレ

主にお風呂上がり等ペニスが暖かい状態で引っ張ったりストレッチをしたり、ペニスを動かす時に使われるPC筋を鍛えることで、ペニス全体や亀頭のサイズアップが期待出来ます。

クリニック

本格手術は、亀頭(カリ)増大法の中でも一番即効性があるのが特徴です。

亀頭増大術と呼ばれる手術では、主に体に元々あるヒアルロン酸を亀頭に注入して大きくするものです。

 

今では多くの整形外科や美容外科で手術を受ける事が出来るため、亀頭(カリ)増大法として身近な存在となってきているようです。

 

それではこれらの方法を、個別に掘り下げて解説しましょう。

 

チントレの方法

それではチントレの方法から詳しく見ていきましょう。

チントレをするのは主にお風呂上りが良いのですが、お風呂上りというのは全身の血行が良くなっているのでチントレをするのには絶好のタイミングと言えるでしょう。

 

 

亀頭を大きくするチントレについては、大きく分けると「ミルキング」「亀頭増大チントレ」の2つがあります。

※後者の「亀頭増大チントレ」については正式名称が不明なので、ここでは「亀頭増大チントレ」としておきます。

 

●ミルキングの方法

ミルキングの方法ですが、下記の3つの方法を行います。

① 半勃起をさせます。
② 人差し指と親指でOKサインを作り、ペニスの根元を握ります。
③ 中指、薬指、小指の順でペニスを握って行き、亀頭に血液を集中させます。

後はこれを5分程度繰り返せばOKです。

イメージ的にはペニスの根元から亀頭にかけて、牛の乳を搾るように血液を集めていく感じです。これは、ミルキングというチントレの一種です。

 

注意点として、ペニスを握るときに力を入れすぎないことが大切です。

 

あまりにも力を入れてしまいますと、ペニスが傷ついてしまう可能性があるので、ほどよい力加減でミルキングをしましょう。

 

ミルキングは、もともとペニスの亀頭を太くするために適したトレーニングですから、これを続けると亀頭が大きくなる効果が期待できます。

 

●亀頭増大チントレ

亀頭増大チントレの方法は、基本的にはミルキングと同じです。

違うのはPC筋を使うことです。PC筋を使うので、亀頭増大効果と早漏防止効果、勃起力アップ効果なども期待することができるチントレです。

 

亀頭増大チントレの方法

① ペニスを勃起させる
② 勃起したペニスの根元を人差し指と親指でギュッと握る
③ PC筋に力を入れて、ペニスに血液を集め10秒間維持をする
※PC筋の力の入れ方は後述します。
④ 握った手を離す

約5分間程度行ってみましょう。

この方法で重要になるのがPC筋です。PC筋というのは勃起時にペニスに血液を集中させやすくするための筋肉です。他にも排尿などに使われる筋肉です。排尿中に意識的におしっこをストップさせるときにPC筋が使われます。

 

PC筋は、睾丸と肛門の間にあります。

PC筋の位置

 

PC筋の鍛え方は、下記の順番に沿って行ってください。

① 肛門を5秒間かけてゆっくりと締める
② 5秒間肛門を締め続ける
③ ゆっくりと肛門を緩め、5秒間のインターバルをおく。

 

10回1セットとして、朝、昼、夕、寝る前の計4回行うだけで十分です。

 

このPC筋トレーニングの優れている点は、どのような態勢でも行えるということです。ちなみに、このトレーニングは尿漏れ防止のトレーニングとして医療現場でも行われていますので、効果のほどはお墨付きです。

 

ちなみに、PC筋の近くにBC筋とよばれる筋肉がありますが、こちらもPC筋同様に、鍛えると勃起力アップやペニス増大に効果があります。

BC筋は射精するときに、ペニスの先から勢いよく精液を噴射するのに必要な筋肉です。
また、ペニスが勃起した際に、海綿体内に溜まった血液が逆流しないように蓋をする役目も果たしています。

このように、BC筋は勃起力アップのために欠かせない筋肉なので、ぜひとも鍛えたい筋肉です。
鍛え方はPC筋と同じで、肛門を締めたり緩めたりすることで鍛えることができます。
つまり、肛門を締めたり緩めたりするだけで、男性機能アップにとって重要な2つの筋肉を鍛えることができるわけです。

たったこれだけのトレーニングをするだけで、1カ月もすると見違えるように勃起力の力強さを感じてきます。
そして徐々にペニス増大も実感できるようになりますから、併せてペニス増大サプリを飲めばさらに効率よくペニスが増大できます。

 

 

少し話がそれましたが、亀頭増大トレーニングの要の部分が、PC筋に力を入れて血液を亀頭に集めるという点にあるので、PC筋トレーニングとあわせて、亀頭増大トレーニングを試してみてください。

ミルキングと亀頭増大トレーニング、好きなチントレを選んでやってみるといいでしょう。

 

ただ、欲張って両方を1日のうちにやってしまうと、ペニスが痛んでしまう可能性があります。何でもほどほどが重要ですね。

ここで紹介したトレーニング法は、ペニスに強い力を加えないのでそれほど心配ありませんが、もしペニスの表面に傷がついたりすると、傷が治るまでチントレができなくなってしまいます。

また、万が一ペニスを傷つけて化膿でもすると、場所が場所だけに病院に行くのも恥ずかしいので、十分注意しましょう。

 

チントレに関しては、ペニス増大サプリを摂取しながら行うとさらに効果を発揮します。

 

飲まず食わずで筋トレをしても筋肉がつかないように、ペニスを大きくする栄養素を摂取せずにチントレをしてもあまり意味がありません。

 

中でも「L-シトルリン」という成分は、陰茎の血流促進に顕著な効果が認めれており、それにより陰茎の硬さや勃起力アップだけでなく、ペニスそのものの増大効果も見込めるという、まさに一石三鳥のすぐれた有効成分なのです。

 

ペニスの中にある血管を太くして、またPC筋を増強する効果があり、なおかつ男性ホルモンの分泌を促進するペニス増大サプリを飲みつつチントレをするのが、普通の食生活でチントレをするよりも早く確実に効果を実感できます。

 

ペニス増大サプリを飲みながらチントレするのは、ボディビルダーがプロテインを飲みながら体を鍛えるのと同じです。

ボディビルダーは効率よく筋肉をつけて、筋肉美を見せるのを目的にして体を鍛えています。
そのため、筋肉の原料となるプロテインを摂取するわけです。

プロテインを摂取せずにトレーニングしても、それなりに筋肉はつくでしょう。
しかし、プロテインを摂取しながら鍛えたほうが、より効率的に筋肉量をアップすることができます。

これはチントレにも同じ理屈が当てはまります。チントレするなら、ペニス増大の原料となるサプリメントを同時に飲んだ方が、効率よく増大できるのです。

 

⇒「最新版」人気のペニス増大サプリ 分析調査結果はこちら!!

 

[ペニス増大器具と亀頭増大について]

チントレを毎日自分でするのが面倒という方におすすめのペニス増大方法として、ペニス増大器具を使う方法があります。

ペニス増大器具には牽引型とポンプ型の2種類があります。亀頭増大に効果があるのは以下の様な「ポンプ型」の増大器具です。

ポンプ型に関する注意点として、使いすぎると内出血をするデメリットがあります。

これは業界では隠語ができるほど頻発しているのであまり安全性が高いとはいえません。

 

しかし、一味違ったチントレをして、亀頭を大きくしたいのであればちょっと試してみる価値はありそうです。

 

繰り返しますが、チントレよりもペニスや亀頭に大きな圧力をかけますから、少しでも違和感を覚えたらすぐに使用を中止したほうがいいでしょう。そうすることで、ペニスの内出血などの思わぬトラブルを防ぐことができます。

ポンプ型の仕組みは、筒の中にペニスを入れて中の空気を抜いて真空に近い状態にすることで、ペニス内部の負圧を利用してペニスを膨張させるものです。

用法を守って使用すれば問題はないのですが、効果をはやるあまり、長時間使ったりしてペニスの表面が赤く腫れたり、水膨れができるといった副作用も起きています。

ペニスに異常があった場合、その時点で使用を中止すればいいのですが、それでも続ける人がいるために、事故例として報告が上がっているようです。

くれぐれも、やり過ぎないように注意が必要です。

なお、チントレと同様に、ポンプを使う場合もペニス増大サプリを飲みながら行うとさらに効率よく増大できます。

 

即効性のある亀頭増大手術のメリット・デメリット

すぐに亀頭増大が期待出来るのがクリニックによる手術ですが、受けようか迷っている男性はまずメリット・デメリットを考えてみるといいでしょう。

 

 

医者で亀頭増大

 

亀頭増大手術のメリット

前述の通り即効性があり10分程度の施術ですぐに亀頭が大きくなります。

手術も一回のみで日帰りでも可能なため入院や通院の必要も無く、注射するだけなので誰にも知られずに亀頭を大きくすることが可能です。

 

亀頭増大手術のデメリット

一方で、亀頭増大手術のデメリットは、即効性はあるものの効果は持続せず約1年後には元の大きさに戻ってしまう事です。

 

なぜなら、亀頭に注射するヒアルロン酸は人間の体内にある成分だから吸収されてしまうのです。一時的にペニスを大きくすることが可能ですが、結局吸収されてしまい、もとのサイズに戻ってしまいます。

 

また、ヒアルロン酸を利用したプチ整形で問題となっているのが、技術的に未熟な医師が手術を行った場合、注入したヒアルロン酸が毛細血管を圧迫して血液の流れを阻害するおそれがあるので、細胞を壊死させてしまう可能性があることです。

 

亀頭を大きくしようとしたら、亀頭が腐ってしまったというのでは笑い話にもなりません。しかし、この点については、しっかりした病院を選べば問題はありませんので、そこまで深刻に悩む必要はないでしょう。ただ、可能性の範囲としては壊死もありえることは覚えておいたほうがいいでしょう。
この方法は即効性があって効果も絶大だけど、その分リスクもあるということです。
また、手術費用が高く、ヒアルロン注射一本で約10万円前後かかってしまいます。

 

さらに、メリットでもありデメリットでもあるのですが、亀頭にヒアルロン酸を注射することで、包茎の方の場合、強制的に剥けてしまいます。

 

そのため、仮性包茎で日ごろから亀頭を露出させる癖を持っていない場合、しばらくは敏感な亀頭に悩まされることになります。

しかし、仮性包茎で悩んでいる人にとっては、亀頭を増大すると同時に包茎も改善されるのですから、一石二鳥ということになります。

なぜ仮性包茎が改善するのかといいますと、一度皮を剥いて亀頭を露出させると、ヒアルロン酸で太くなったカリに包皮が引っかかって戻らなくなるからです。
ただし、剥けっぱなしというわけではなく、皮を引っ張れば元に戻ります。

 

ところで、亀頭増大手術の最大のデメリットは、内出血と腫れを引き起こす可能性がある事です。仮性包茎により皮でペニスが守られているのであれば、刺激が大きくなります。

 

特に内出血は手術を受けた人のうち50%の高い確率で症状が出る可能性があり、更に酷い場合は数週間ほど手術の痕が消えずに残ってしまう場合もあるようです。

 

亀頭が腫れる事によってペニスにずっと違和感が残っていたり、排尿やセックス時に痛みや怖さを感じる事もあります。

 

no-987086_960_720女性を気持ち良くさせるために受けた手術なのに、挿入への恐怖心が出てしまうのでは笑い話にもなりません。

 

 

ノーリスクで亀頭・ペニスを大きくするなら?

即効性のある方法を選ぶのも一つの手ですが、今後の事も考えると安全面を考慮し、何より自分が安心して亀頭を大きくする方法を選ぶ方が良いでしょう。



ノーリスクで安心安全の方法を選ぶのであれば、ペニス増大サプリが一番お勧めです。

 

手術のように即効性は無く、継続して摂取する必要がありますが、

 

・時間を選ばずに手軽に摂取できる
・毎日無理せず続けられる
・ノーリスクで安心安全

 

といったメリットがあり、不安に思うことなく亀頭を大きくする効果が得られます。

 

 

時間がかかるデメリットはありますが、ペニス増大サプリには男性ホルモンの分泌を促す成分など、日常的な食生活では摂取するのが難しい成分を手軽に摂取することが可能です。

食生活の乱れ、運動不足により男性の精力は早く低下してしまいます。

 

ちなみに、精力の低下に密接に関係があるのが男性ホルモンの中のテストステロンです。テストステロンは、20~30代をピークとして減少していきます。

 

しかし、その減少スピードは個人個人で異なります。

たとえば、40代で70代のテストステロン分泌量しかない男性もいる反面、70代で40代のテストステロン分泌量を維持している人もいるのです。

 

テストステロンの減少を放置していると男性更年期障害を引き起こす可能性があります。他にも勃起不全を伴うさまざまな症状、たとえば肥満やうつ状態なども出てきます。

 

手術などでペニスを大きくしたとしても、根本的な精力を増強させなければ、勃起しなくなります。亀頭を大きくしても、それが活躍する前に勃起しなくなってしまったら、意味がなくなってしまいます。その点、ペニス増大サプリを継続的に摂取すれば、かなりの改善効果が見込めるのです。

 

大切な自身のペニスのために、愛するパートナーのためにペニス増大サプリを上手に活用する事が、リスクを負わずに理想的な亀頭の大きさにサイズアップする最短の道となります。

 

ただし、世の中に流通しているペニス増大サプリの中には、中身がスカスカで効果のない粗悪品が多いのも、残念ながら事実です。

 

そこで当サイトでは、今ちまたで話題のペニス増大サプリを徹底調査!!

効果が見込める可能性が非常に高い商品のみ厳選してまとめました。こちらも併せてご覧ください。

 

⇒話題のペニス増大サプリの分析調査結果を見る!!

 

※併せて読むと効果の高い記事一覧※
⇒ちんこをでかく増大する方法4選!~長く太く大きな陰茎ペニスへ

ページトップへ

error: Content is protected !!